前立腺癌,症状,治療,検査,東京 北区.東京メディカルクリニック

人間ドック・健診
画像診断センター
MENU

診断について

その他

冷え症について

冷え症とは?

冷え症について

いつも手足が冷たい、体が冷えている気がすると感じる人が多いのではないでしょうか?
冷え症とは血行障害、特に末梢血管などの「ある特定の部分だけが冷えること」を言います。その冷えの指標は本人が不快と感じる温度のことを言います。
特に女性に多いです。男性にはほとんど見られません。要因としては一般的に血流の多い筋肉が男性より少ないことが挙げられます。
熱を通しにくい皮下脂肪が多いため、男性に対して血流の多い筋肉が少ないことが挙げられます。
そのためいったん冷えると温まりにくい性質があるからといわれています。

冷え症の原因は?

冷え症には大きく4つのタイプに分かれます。

  1. 貧血からくる冷え症
    最も代表的なものが貧血からくる冷え症です。
    ヘモグロビン量の不足によるものですが、主に偏食や間違ったダイエットによる栄養不足からきていると考えられます。症状としては全身が冷え、顔色が悪く、疲れやすくだるさを感じやすくなります。
  2. 低血圧からくる冷え症
    立ちくらみやめまいを伴う低血圧は血液を手足までいきわたらせる力を弱めます。その結果として手足を冷やします。この冷え症には下痢や便秘などの症状が出るときがあります。
  3. ホルモンバランスからくる冷え症
    ホルモンの分泌が盛んになったり、衰えたりするときに冷えを感じます。症状としては汗をかきやすくなったり、生理不順やほてりを感じることが多くなります。思春期や更年期に多く見られます。
  4. 自律神経出失調からくる冷え症
    このタイプは最近増加傾向で、自律神経はストレスの影響を受けることが多く、ストレス社会の現代においてこれが原因で冷え症になる場合が見られます。症状としてはイライラや無気力、息苦しくなるなど、一見無関係に思われるものがみられます。

冷え症を防ぐにはどのようにしたらよいでしょうか?

冷え症はそのままにしておくと肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、むくみなどその他のからだ全体の不調につながっていきます。そうならないためには生活習慣を見直すことが大切です。
食事では体を温め、血流を良くするような効果のあるにんじん、にら、かぼちゃ、にんにく、肉類、魚類ではイワシ、サンマ、サケなどの食材をバランスよくとることが大切です。
適度な運動も血流を良くするため効果的です。服装や寝具などちょっとした環境作りでも冷え症は改善できます。

漢方で穏やかに改善しましょう

漢方はからだに穏やかに働きかけ、急に症状を改善するものではありませんが、冷え症には有効とされています。
西洋医学では主な治療薬が無いのが現状です。

冷え症に聞く漢方薬の種類を教えてください

人参養栄湯、当帰四逆湯、当帰芍薬散などがあります。
その他血流をよくする漢方など多くの種類があるのです。医療機関で処方されるのはツムラの薬が代表的です。

株式会社ツムラホームページ

ひどい症状が伴う方は一度ドクターの診察を受け、こういった治療をおすすめします。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お問い合わせ

TEL:03-3910-3438

健診会 東京メディカルクリニック
〒114-0023 東京都北区滝野川6-14-9東京先端医療モールビル内

ページトップへもどる