結核について。症状や潜伏期間、結核の治療について。大人も注意です,健診会東京メディカルクリニック

人間ドック・健診
画像診断センター
MENU

診断について

その他

結核について

現在も身近な病気の結核!!

皆さまは結核を昔の病気と思っていませんか?
結核は結核菌によっておこり人から人へ感染する種類の病気です。現在、治療薬では効かない結核が増えるきざしを見せております。
結核は昔の病気でもなく今でも比較的身近な病気です。

なかなか減らない結核の患者

結核は、かつての日本では亡国病といわれるほど高いまん延状況を示していました。しかし戦後は急速に低下し流行は終わったといわれましたが近年再び発生が増加傾向になり先進国の中で数倍の高さの水準にあることから、結核中進国と世界的には位置付けされてます。

結核が増えている理由について

色々なことが要因と考えられていますが主に下記のような件が原因と考えられています

  • 集団感染の増加

    若い世代で結核に対する抵抗力を持たない人の増加

  • 重症化、重症発病の増加

    なかなか結核と疑わないため診断が遅れる場合もまれに有ります。そのような場合は遅れてから診断されるため重症化する場合もあります。

  • 高齢者での発病の増加

    多くの人が戦前、戦後に感染を受けており、老化や他の疾患等の問題で発病する場合が有ります。

  • 多剤耐性結核の出現

    医療現場で使われる抗生物質が効かない結核菌が現れています。もともと抗生物質が有効だった種類の結核菌でも突然変異をして効かない菌が出現してきました。
    この現象はほかの病気でも現れていて新しい抗生物質と耐性菌といたちごっこのような現象を起こしています

どのようにして発病するのですか??

結核は感染しても必ずすべての人に発病するわけではありません。
健康であれば、菌を吸い込んだあと、人の体は免疫力によって結核菌を抑え込んでしまいます。その人の体力が低下したり、病気で抵抗力がおちると、結核菌が再び活動し、発病する可能性があります。
肺結核を発病した初期症状は,風邪のような症状です。
そのため2週間以上風症状が継続したり、1週間以上長引く咳や、風邪症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返すようなら医療機関へ受診をすることを勧めます。

どのような感染経路があるのですか?

空気感染、飛沫感染によって結核に感染します。
結核菌は、人か咳をすることで空気中に撒き散らされます。空中で浮いているのを他の人が吸うことで感染します。手を握る、同じ食器を使うなどでは基本的には感染しません。
空調換気の悪い狭い場所(電車、バス等)などは結核菌の飛沫が長く滞留する為その場に結核菌の保菌者がいなくても感染することがあります。
換気の悪い狭い所はマスク等をするようにして特に感染に注意をしましょう

結核の診断と検査はどのような方法があるのですか?

レントゲン検査、胸部CT検査、喀痰検査(タンの検査)などで行います。
まずはレントゲンの検査を行うことが多いです。
初期の症状の頃にレントゲン検査の撮影をしても映らない場合が有るので、強く感染を疑う場合は初期に胸部CT検査を行う場合が有ります。

どのように治療するのですか?

ほとんどが薬による薬物治療です
現在使われている薬剤はリファンピシン イソニアジド ストレプトマイシン、エタンブトールピラジナミド等の薬を使って治療する場合が多いです。
上記の薬剤の中から2、3種類を2カ月、その後1から2種類を4カ月が通常の服用する場合が多いです。
以前は治療に約2~3年以上でしたが、今は約6カ月~1年程度で治療を終了する場合が多いです。

入院が必要な場合もあります。
全身状態が悪く、症状が強いとき、あるいは周囲に感染の恐れがある時も院が必要です。結核菌の活動が停止すれば外来通院になります。

今では手術による治療は減りましたが、薬剤投与でも菌が無くならない場合手術が検討されます。

結核は体のどの場所でおこるのですか?

空気感染、飛沫感染によって結核に感染します。
結核菌は、人か咳をすることで空気中に撒き散らされます。空中で浮いているのを他の人が吸うことで感染します。手を握る、同じ食器を使うなどでは基本的には感染しません。
空調換気の悪い狭い場所(電車、バス等)などは結核菌の飛沫が長く滞留する為その場に結核菌の保菌者がいなくても感染することがあります。
換気の悪い狭い所はマスク等をするようにして特に感染に注意をしましょう

予防についてはどのようにしたらよいのですか?

結核の予防には大きく分けて3つの方法があります。

  • 感染をする前には・・・ BCG接種を行います。

    BCG接種とは結核菌の感染を受けていない人に、ごくごく弱い菌をあらかじめさして、結核に対する免疫をつけるワクチンです。日本では生後6カ月までに1回だけ行なってます。接種効果は10~15年持続と考えられます。

  • 感染をうけてからは・・・ 潜在性結核感染症治療を行います。

    最近感染した人がその後1~2年後に発病することがあり、予防薬として治療にはイソニアジドを6~9ヶ月服用します。
    診断はツベルクリン反応、血液検査を行います。

  • 感染を強く疑う場合は・・・ 接触者健診を行います。

    たれかが結核を発病し、排菌している場合は、その周りの結核をうつした可能性があります。このような調査、検査を接触者健診といいます。

健診では、調査、血液検査、ツベルクリン反応、胸部レントゲンなど、初発患者さんとの接触から2年くらい検査を繰り返し行う必要があります。

上記のように結核はいまだに非常に恐ろしい病気です。
結核は適切な検査を行えば比較的容易に診断がつく病気の一つですのでいたずらに心配する必要は有りませんが、風邪症状が長引けば疑う必要が有りますのでその際は医療機関を受診しきちんと医師に自覚症状を伝えましょう

上記のような前兆・症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お問い合わせ

TEL:03-3910-3438

健診会 東京メディカルクリニック
〒114-0023 東京都北区滝野川6-14-9東京先端医療モールビル内

ページトップへもどる